個人型確定拠出年金の基礎知識

今さら聞けない「個人型確定拠出年金」の基礎知識

一般的な公的年金である国民年金や厚生年金は、生きている間はもらう事ができる「給付型」と呼ばれます。しかし少子高齢化が進み「給付型」の年金が十分とはいえない状況になってきているため、それを補うものとして導入されたのが「拠出型」と呼ばれる「確定拠出型年金」です。「確定拠出年金」は、毎月一定額を拠出して運用します。運用の結果次第で受け取れる年金額が変化し、拠出額を超える金額はもらえないという制度です。
確定拠出型年金は企業が掛け金を負担する「企業型」と、個人で運用する「個人型」に分けられ、「個人型」は20歳以上、60歳未満であれば主婦や公務員でも加入することができます。加入から運用、受け取りまでをすべて個人で選択することになるのが個人型確定拠出年金の大きな特徴になります。

どのような給付金がもらえるのか?

個人型確定拠出年金には3種類の給付金があります。
ひとつめは60歳から年金として、または一時金として支給される「老後給付金」、高度の障害時に給付される「障害給付金」、死亡した時に一時金として支給される「死亡一時金」があり、60歳の時点で加入期間が10年に満たない場合は受給開始年齢が最大で65歳まで引き上げられます。掛け金の拠出期間が通算して1ヶ月以上3年以下の場合や、転職などで加入できない期間があった場合、掛け金が少額の場合などは脱退一時金が給付される可能性もあります。
公的な年金は掛け金や支給額が状況によって変動しますが、個人型確定拠出年金は掛け金や支給額が勝手に変動することはありません。ただし自分ですべてを選択するため知識をしっかり持って堅実な運用がポイントとなります。