企業型との違い

企業型は会社の退職金制度

確定拠出年金には「個人型」と「企業型」があります。どちらも老後資金を作るための資産形成の制度です。
「企業型」は会社の退職金制度の枠内にあるという特徴があり、60歳までの従業員が対象で掛け金を企業が負担しています。納付方法や運営管理機関の選定は企業がしますが、運用商品の選択は従業員が行い運用していく仕組みです。受給権や運営にかかる費用の負担、個人型との同時加入などは企業によって規約が異なる場合があります。また、企業年金制度の有無によっても拠出の限度額が違ってきます。
一方「個人型」は、個人で掛け金を拠出し運営管理機関から運用商品の選択、運用を自分自身で行います。運営にかかる費用も加入者の負担なりますが、受給権は拠出時から発生します。

着実に運用するためには?

確定拠出年金は「個人型」と「企業型」は、いずれの場合も掛け金を運用するのは自分自身ということが共通点になります。
従来の確定給付企業年金のように、加入期間によってもらえる金額が決まっている訳ではありません。
掛け金と運用益の合計で支給される額は変動します。そのため、着実に運用していくことが成功のカギとなります。確かな知識と情報の収集が大事になってきます、必要があれば専門家へ相談することもおすすめします。
また、原則として確定拠出年金は60歳までは引き出すことができません。加入期間が10年以上あれば60歳から受け取ることができます。しかし通算の加入期間が短くなると最大で65歳まで受給開始の年齢が繰り下がるので注意が必要です。