個人型確定拠出年金の注意点

確定給付型年金との違いを理解しよう

確定拠出年金とは、毎月一定額の保険料を拠出して運用する年金のことであり、以前日本で主流だった確定給付型の年金とは性格が大きく異なります。ところが、いまだに確定拠出型年金と確定給付型年金の違いについて、よく理解していない人が少なくないのも事実です。両者の違いについて、正しく理解してことが大切です。 従来の確定給付型年金は、運用リスクを企業がすべて負担する点に特徴がありました。加入者から徴収した保険料を株や債券などに投資して、その運用益により将来年金が支給されるわけですが、運用に失敗してしまったときや思ったほど運用益をあげることができなかったときなどは、企業がその分を補填してくれるしくみだったため、年金加入者が損をする可能性は全くありませんでした。

個人用確定拠出年金の選び方

ところが、確定拠出型年金では、運用リスクをすべて加入者自身が負うことになっています。そのため、投資先や投資方法を間違ってしまうと、将来受給できる年金額が少なくなってしまう可能性があります。以前の個人年金は、毎月決まった金額の保険料だけを支払ってさえいれば、運用の心配なんてする必要はありませんでした。しかし、現代では保険料の運用について、加入者それぞれが真剣に考えて、決断を下す必要があります。
対策としては、運用先などについて、いつでも相談できる金融機関で個人年金に加入するなどの対策が考えられます。大手の銀行や信託銀行、証券会社や生命保険会社などさまざまな種類の企業が個人用の確定拠出年金商品を取り扱っていますが、投資の素人に対してもわかりやすく情報を提供してくれたり、気軽に相談できる金融機関を選ぶようにしましょう。