個人型確定拠出年金のメリットとは?

確定拠出年金とはこんな制度

確定拠出年金とは、毎月の拠出額(=積立額)が確定している年金制度のことを指します。あくまで拠出額が確定しているだけで、将来の受取額が確定しているわけではありません。将来の受取額は、個人型であれば加入者本人、企業型であれば勤めている会社の運用結果次第で変動します。具体的には、運営会社である銀行、保険会社等で取り扱っている投資商品(株式・債券等を組み合わせたもの)を自分(もしくは会社)で選択し、運用します。また、運営会社によっては元本保証型の投資商品も扱っていますので、「投資に詳しくない・・・」、「将来の受取額を減らしたくない・・・」という方でも安心して運用することができます。
もちろん、多少のリスクを覚悟する代わりにリターンを増やしたい、といった方に向けた投資商品もありますので、各運営会社の投資商品を見比べてみるのも良いかもしれません。

年末調整、確定申告時におトクなことも!

個人型確定拠出年金に加入した場合、将来への備えとなるだけでは無く、税金面でも大きなメリットがあります。簡単に説明すると、会社員の場合は年末調整、その他の方は確定申告を行うことによって、年間の積立額の一部が年末調整もしくは確定申告時に税金の還付として、銀行口座へ返金されます。厳密には各々の所得税率に応じて返金額が変わってきますが、概ね年間積立額の10%~20%程度が返金されると考えておけばOKです。
仮に、毎月5000円積立×12か月=年間、積立額6万円とすると、
年末調整もしくは確定申告時に6000円~12000円程度返金されるということになります。
将来への備えにもなり、更には年末にちょっとしたお小遣いが入ったりと、一石二鳥で便利な制度ですね!

以上、ごく簡単な説明でしたが、いかがでしたか?個人型確定拠出年金はまだまだたくさんのメリットがありますので、興味のある方はぜひ検討してみてください!!!